Pmda 添付 文書。 一般財団法人日本医薬情報センター(JAPIC)

ロキソニン錠60mg

文書 pmda 添付 文書 pmda 添付

その他の注意 非ステロイド性消炎鎮痛剤を長期間投与されている女性において、一時的不妊が認められたとの報告がある。 授乳中の婦人に投与することを避け、やむをえず投与する場合には授乳を中止させる[動物実験 ラット で乳汁中への移行が報告されている]。

19

トラゼンタ錠5mg

文書 pmda 添付 文書 pmda 添付

アスピリン喘息 非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発 又はその既往歴のある患者[アスピリン喘息発作を誘発することがある]。 その議論において、 承認とした場合には医療の現場で萎縮が起こる可能性があるとの懸念が示されました。 クラスIIとは、 その製品の使用等が、一時的な若しくは医学的に治癒可能な健康被害の原因となる可能性がある状況 又はその製品の使用等による重篤な健康被害のおそれはまず考えられない状況を言います。

7

一般用医薬品・要指導医薬品 添付文書等情報検索

文書 pmda 添付 文書 pmda 添付

メトトレキサート[血中メトトレキサート濃度を上昇させその作用を増強することがあるので、必要があれば減量する 機序は不明であるが、本剤の腎におけるプロスタグランジン生合成抑制作用により、これらの薬剤の腎排泄が減少し血中濃度が上昇するためと考えられている ]。 2013年よりアステラス・アムジェン・バイオファーマ 株 にてCMC・Supply Chain・QAの長として業務構築。 過敏症:血管浮腫、そう痒、蕁麻疹、潮紅、発疹[このような症状が現れた場合には、投与を中止する]。

8

PMDA/添付文書の電子化について(2021年1月8日付更新)

文書 pmda 添付 文書 pmda 添付

中央承認審査方式により承認が得られた医薬品について、EPAR European public assesment repot と呼ばれる科学的評価報告書を検索することができます EudraPharm(EU) EUの中央承認の医薬品の製品情報(Product Information)を参照することができます。 相談後からどのくらいの期間にXMLを提出する必要があるのか、今後注目していたいと思います。 横紋筋融解症:横紋筋融解症が現れることがあるので、観察を十分に行い、筋肉痛、脱力感、CK上昇 CPK上昇 、血中ミオグロビン上昇及び尿中ミオグロビン上昇等が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。

13

医療用医薬品 添付文書等情報検索

文書 pmda 添付 文書 pmda 添付

同2015年より 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター/トランスレーショナル・メディカルセンター臨床研究支援部アドバイザーとして医薬品開発を支援中。

19

医療機器基準等情報提供ホームページ

文書 pmda 添付 文書 pmda 添付

消化管穿孔:消化管穿孔が現れることがあるので、心窩部痛、腹痛等の症状が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。

ロキソニン錠60mg

文書 pmda 添付 文書 pmda 添付

新記載要領から調べる• 使用上の注意 禁忌 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 急性腎障害、ネフローゼ症候群、間質性腎炎:急性腎障害、ネフローゼ症候群、間質性腎炎が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。

15

添付文書とは何でしょうか?

文書 pmda 添付 文書 pmda 添付

無菌性髄膜炎:無菌性髄膜炎 発熱、頭痛、悪心・嘔吐、項部硬直、意識混濁等 が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う 特にSLE又はMCTDの患者に発現しやすい。 過度の体温下降、虚脱、四肢冷却等が現れることがあるので、特に高熱を伴う高齢者又は消耗性疾患を合併している患者においては、投与後の患者の状態に十分注意する。 添付文書は、通知による記載要領に基づいて作成され、 個々の製品への添付が義務づけられています。

14