八幡 小町 ss。 【俺ガイル】 八幡「比企谷…小雪?」

八幡「・・・俺の妹がこんなにデレデレなわけがない」 小町「おにーちゃんっ♪」

小町 ss 八幡 小町 ss 八幡

恨みであいつら殺せたら絶対殺してるぞこらぁ」 八幡「同い年か」 冬馬「あぁ…。

9

八幡「俺と小町の短編集」

小町 ss 八幡 小町 ss 八幡

八幡「小町」 小町「何?」 八幡「ちょっと横になれ。 いただきます」 八幡「いただき---なっ!? と、トマトだと!?」 小町「好き嫌いはダメだよ~」 八幡「好きとか嫌いとか、そういう問題ではない! これは悪魔の果実なんだ!」 小町「はいはい」モグモグ 八幡「くそう. ううん、やっぱり大丈夫。 割とこじらせてますよこれ」 八幡「…俺なら平気だ」 いろは「もうちょっと平気そうな顔で言って下さい…」 八幡「…親御さんも心配してるだろ。

16

八幡「・・・俺の妹がこんなにデレデレなわけがない」 小町「おにーちゃんっ♪」

小町 ss 八幡 小町 ss 八幡

」チュー 八幡「え、何してんだ? 微妙にチクチクするんだけど. もしも比企谷小町が姉だったら・・・ 原作再構成 比企谷八幡には姉がいた。 実は私も部屋代持ってきてるから、私も出すね!」 小町「やった! ありがとうございます!」 小町「. けど、そのせいで長く湯に浸かりすぎた…」ガララ 結衣「あ、ヒッキーお帰り~」 雪乃「女の私たちよりも長風呂なんて、随分遅いわね。

19

八幡「小町と喧嘩してしまった」

小町 ss 八幡 小町 ss 八幡

先生の言うことが本当なら、俺は奴らの充電素材として役には立ってはいるが俺の充電は満たされない。 19 雪乃「ところで比企谷君」 八幡「ん」 雪乃「確かお宅にはネコが居たわよね」 八幡「あぁ、かまくらなら俺の部屋で寝てるな」 雪乃「少し話がしたいわ」 八幡「え」 雪乃「聞こえなかったのかしら?かまくら君とお話がしたいと言ったのだけれど」 八幡「猫の話だよね?」 雪乃「カーくんはネコなのだから当然でしょう」 八幡「ナチュラルにあだ名まで付けるかね。

10

八幡「小町と一緒」 : あやめ速報

小町 ss 八幡 小町 ss 八幡

小町が納得できなかったら晩御飯の用意全部お兄ちゃんがやってよね」 小雪「あの…」 小町「はえ?雪乃さん来てたの?」 八幡「それなんだがな小町。

【俺ガイル】 八幡「比企谷…小雪?」

小町 ss 八幡 小町 ss 八幡

」 娘「ママばっかりーーずるい。 619• でも、雪乃さんや結衣さん程じゃ無いですよ~」 結衣「え、ゆきのんはともかく、そんなこと無いよ! 小町ちゃん、すっごく可愛いし!」 小町「いえいえ、お二人には色々とかないませんよ」 八幡(まあ…確かに、雪ノ下はスタイル良いし、由比ヶ浜に至ってはどことは言わないが凄いしな。 っべーヤベーよ語彙力の低下がガチでマジでヤバい…。

16

小町「お兄ちゃん、妊娠しちゃった」八幡「」

小町 ss 八幡 小町 ss 八幡

今比企谷くんはお風呂に入ってるので代わりに私が。 . ぱっと思いつくのがこの位なのですが、結構いい線いっていると思います。

5

八幡「・・・俺の妹がこんなにデレデレなわけがない」 小町「おにーちゃんっ♪」

小町 ss 八幡 小町 ss 八幡

罵倒の一つもしたくなるわ」 小雪「一つ二つの罵倒ならパパも黙って聞いてたでしょうね……。

PC生活: ※ss select>やはり俺の青春ラブコメはまちがっている(八幡-小町ルート)

小町 ss 八幡 小町 ss 八幡

私、彼女とは仲良くなかったから…」 小雪「優美子おばさんが言ってたわ」 雪乃「?」 小雪「おばさんがヘトヘトになるまで練習に付き合ってくれるから何でそこまでしてくれるのか聞いたの」 小雪「そしたら…」 『昔さ、雪ノ下さんとヒキオに結構助けて貰ったんだ。 。

18