ケア プラン 短期 目標 文例。 ケアプラン 短期目標

居宅サービス計画書_第2表_援助目標(短期目標)

プラン 目標 文例 短期 ケア プラン 目標 文例 短期 ケア

定期的な訪問診療を受け安心して在宅で生活したい• 準備体操 整理体操• 杖・荷物を預かる• 虐待の可能性について、クライアント・援助者から情報を得る。 お風呂に入った時に、自分で体を洗うことができる 短期目標は難しく考えすぎない ケアプランを作成する際に最も重要なことは• カルシウムを多く含む食事を摂る• 柔軟体操に参加• 尿器を使用して排泄する• 日常生活に楽しいことが増える。

ケアプランの作り方,短期目標のヒント

プラン 目標 文例 短期 ケア プラン 目標 文例 短期 ケア

緊急時の連絡体制を確保し、安心して生活することができる• 糖尿病があるので、医学的な管理を受けて病状を安定させる• 目標は利用者さんのニーズや今後の課題などを反映して設定しているため、介護保険サービスを行ううえで非常に重要なものとなっています。 身の回りのことが自分で出来るようになる• 認知 ・認知障害は急性に経過する譫妄と慢性に経過する痴呆とに分けられ、それぞれ対応の仕方が異なる。

13

ケアプラン 短期目標

プラン 目標 文例 短期 ケア プラン 目標 文例 短期 ケア

薬の処方• 身体機能の低下による転倒を予防する• 職員は緊急時、迅速に対応できる位置に着席する• 近所の人と交流を持つことができる• 1日1回は血圧を測定する• 服薬の声かけ・見守り• 家族に対する解ご指導• ニーズ・課題がはっきりしたら、具体的な行動・活動目標を設定しましょう。 定期的な血圧の確認が確保され安心して生活する• 安心して排泄できるようになる• ・慢性の痛みは年のせい、と片付けられていることがある。 オムツ交換• これらのケアプランのなかでサービスの計画に関わる書類は第1~3表で、第1表には介護認定の情報や利用者さんとそのご家族の意向など、被介護者についての情報が記されます。

11

【看取り・ターミナル】ケアプラン文例(記入例)30事例|立てよケアマネ 記入例・文例・文言フリー

プラン 目標 文例 短期 ケア プラン 目標 文例 短期 ケア

利用者さんが目標に向けてやる気を持つことは、ケアする介護サービス提供者にとってもやりがいにつながることです。 新たに友人ができる• 排泄パターンの把握• 自力で立ち上がりができるようになる• 家族や知人との会話を継続する• 神経因性膀胱の評価のための受診 訪問介護(身体介護)により介護者の負担軽減を図る 腰痛のため、自宅での入浴が困難 住宅改修により自宅での入浴が可能か検討、無理ならばデイサービスあるいは訪問入浴を検討する。

15

【看取り・ターミナル】ケアプラン文例(記入例)30事例|立てよケアマネ 記入例・文例・文言フリー

プラン 目標 文例 短期 ケア プラン 目標 文例 短期 ケア

車いすに安全に移乗できるようになる 起居動作• 適切な特別食が摂取できる• 食後の歯磨き、うがいの声かけ• 糖尿病があるので、定期的に受診して医師の診察を受け、病状を安定させる• 下肢筋力の強化訓練をおこなう。 ・今までのように意欲的な毎日を送りたい。 下肢筋力をつけ囲碁教室までの距離が歩くことが出来る• 歩行補助具(シルバーカー等)を用いて安定した歩行ができる• マッサージ• 脳トレーニング• 塩分や油分を控えた食事を作る• 定期的に入浴することで血流を改善させる• 定期的な訪問診療や訪問看護を受け安心して在宅で生活できる• 主治医との連携をとりながら、適切な医学的管理を受け安心して生活する• 掃除後の室温調整• 階段昇降のリハビリ• 自宅にて転倒せずに入浴できる• 外出の機会を確保して、閉じこもりや廃用症候群を予防する• 車いすで散歩できるようになる• 食事動作のリハビリ• 衣類の整理等• 口腔ケアの実施• 食事姿勢の保持(椅子とテーブルの高さ調整)• 出来る限りポータブルトイレで排泄することができる• 入浴出来ない時の対応(手浴・足浴・軟膏塗布・清拭) 食事介助• 本人の思いを傾聴する• 主治医への照会 転倒歴の検討 視力障害があり、つまづきやすい 視力障害や半盲の評価を行う。

18

ケアプランの作り方,短期目標のヒント

プラン 目標 文例 短期 ケア プラン 目標 文例 短期 ケア

緊急時の連絡体制を確保し、安心して生活する• 自力で歩行ができるようになる• 診察・検査・内服調整・健康相談・病状説明など• 車輛への乗降介助• 口腔ケアの実施• 廊下に手すりを設置したことで、トイレまでの移動が一人で行えるようになっている。 感染症を予防する• 外出行事への参加• ・残された時間を家族とともに穏やかに過ごせるように関係機関で支援を行っていきます ・病状の異変を早期発見できるよう、各関係機関との連携を密に行っていきます。