フェンタニル テープ。 フェントステープ2mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

フェントステープの用法用量について

テープ フェンタニル テープ フェンタニル

貼付部位の皮膚を拭い、清潔にしてから本剤を貼付する 清潔にする場合には、本剤の吸収に影響を及ぼすため、石鹸、アルコール、ローション等は使用しない。 妊婦・産婦・授乳婦等への投与• この場合だと貼付部位を気にすることなく入浴することが可能です。 5mg or 3mg ・他の鎮痛薬を使用していない場合 至適用量が決まるまでは 0. また貼付面を温めると吸収量が多くなるため、カイロなどを当ててはいけません。

13

テルモ、強オピオイド鎮痛薬の「フェンタニルクエン酸塩1日用テープ」を発売|プレスリリース|テルモ

テープ フェンタニル テープ フェンタニル

本剤の使用開始にあたっては、主な副作用、具体的な使用方法、使用時の注意点、保管方法等を患者等に対して十分に説明し、理解を得た上で使用を開始する。 本剤を貼付中に入浴する場合は、熱い温度での入浴は避けさせるようにすること。 動物実験(ラット)で胎児死亡が報告されている。

16

医療用医薬品 : フェンタニル (フェンタニル3日用テープ2.1mg「テイコク」 他)

テープ フェンタニル テープ フェンタニル

貼布後12時間後にフェンタニル注射を中止してください。

11

ガイドライン|日本緩和医療学会

テープ フェンタニル テープ フェンタニル

オランザピンは糖尿病患者には禁忌ですので注意してください。 重大な副作用• 患者等に対して,本剤を他人へ譲渡してはならないことを指導すること。 添付文書からは、貼付部位の表面温度の上昇によりフェントステープの吸収速度が上がり、過量投与の危険性があるため、そのような行動は避ける必要があることが読み取れます。

フェンタニルクエン酸塩1日用テープ1mg「第一三共」の薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

テープ フェンタニル テープ フェンタニル

過量投与時、臨床的に処置可能な状況であれば、患者の気道を確保し、酸素吸入し、呼吸を補助又は管理する 必要があれば咽頭エアウェイ又は気管内チューブを使用する 、これらにより、適切な呼吸管理を行う。

12

フェントステープの添付文書から使い方や注意点、GEとの薬価比較まとめ

テープ フェンタニル テープ フェンタニル

トラマール300mg内服=200mg持続静脈・皮下投与(1. 本剤の他者への付着に気付いたときは、直ちに剥離し、付着部位を水で洗い流し、異常が認められた場合には受診すること。 連用中に投与量の急激な減量ないし中止により退薬症候が現れることがある。

9